ホーム医療サポート医療セミナー・講習会 > 各領域・コースの紹介

各領域・コースの紹介

各コースのご紹介

スタートアップコース

その領域の検査をしたことがない方をはじめ、今まで超音波装置に触れたことが無い方までを対象とします。 超音波機器の説明、探触子の握り方などのスタートアップから、必要な超音波解剖学の学習と基本断面の描出方法、基本的なプローブ走査を習得していただきます。

ベーシックコース

これからその領域を始める方や、始めたばかりで描出がうまくできない方。また過去にその領域をしていたが、もう一度習いたい方を対象とします。
基本的なプローブ走査から計測方法までスクリーニング検査で必要な項目を習得して頂きます。

マスターコース

その領域の検査を日常で行っている方や、ベーシックコースの内容を習得した方を対象とします。
基本断面の描出、計測方法などスクリーニング項目の確認から、臨床で役立つ応用テクニックの習得までを目標とします。 また異常像の理解とレポートの書き方なども併せてお教え致します。

心エコードプラ・計測コース

本コースは「確認」がテーマです。基本的にはハンズオン(実技実習)をしながらの講義です。
はじめに心エコーの基本断面を正しく描出できているかを確認します。次に断層法およびMモード法による正しい計測法を確認。
また、ドプラ計測に必要な描出法、ドプラを行う際の各パラメータの装置設定の仕方やアプローチ方法を確認します。 最後に本日の復習を各自で確認いただくため、ルーチン心エコー検査の流れを講師がデモンストレーションします。

徹底的コース

「実技実習をもっと集中的に受講したい!」という方に、1グループ3名の限定特別コースをご用意しました。超音波解剖学の学習と、基本的なプローブ走査方法、臨床に役立つ画像の描出のコツ、読影法までをじっくりと徹底的に学んで頂きます。

各領域のご紹介

腹部領域

対象臓器は、肝臓・胆嚢・胆道系・膵臓・脾臓・腎臓です。消化管は含みません。描出から臨床で役立つ応用テクニックまで、各コースに分かれて学んで頂きます。

消化管領域

頸部食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、 虫垂など消化管を対象と致します。 消化管の解剖、探触子の選択から各疾患の特徴など読影方法まで学んで頂きます。

心臓領域

心臓、大血管を対象と致します。基本断面、基本計測から、冠動脈描出まで受講される先生方に合わせた評価方法、応用テクニックを学んで頂きます。

頸動脈

頸動脈、椎骨動脈はもちろんの事、大動脈弓部、鎖骨下動脈、腕頭動脈までを対象と致します。IMT測定やプラーク評価法などの各種指標についてご説明致します。

下肢静脈

下肢静脈の代表疾患である深部静脈血栓症のスクリーニング検査を習得して頂きます。 また、応用編として静脈瘤のスクリーニング検査法を学んで頂きます。

血管エコー

頸動脈、下肢動脈、下肢静脈、腎動脈等の全身の血管を対象にスクリーニング検査方法を習得して頂きます。受講される先生方の希望する領域からご説明させて頂きます。

心エコー疾患別アプローチコース

現在、ルーチン検査を行っているが、熟練者の「コツ」や「ワザ」を身につけてさらにスキルアップしたい方を対象とするコースです。
心不全、高血圧心、弁膜症、虚血性心疾患等の症例の動画をご覧いただいたあと、それぞれの疾患に対してどのようにアプローチを行えば良いかをハンズオンで学んでいただきます。

心エコードプラ・計測コース

心エコーを始めてはいるけどドプラ法の正しい撮り方や計測方法に自信がない方を対象とします。 一連の標準的なルーチン心エコー検査を身につけるとともに、計測の基本やドプラ検査についてもう一度確認しましょう。

セミナーのお問い合わせ

セミナーや講座のご質問・お問い合わせは購買1課までお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせは

購買1課

06-6768-2072

WEBでのお問い合わせは

セミナーのお問い合わせフォーム
各種相談はこちら
カタログ・パンフレットはこちら